膠原病で初めて受診される皆さんへ

当院では関節リウマチだけでなく、膠原病の診療させて頂いております。

膠原病の中には、クリニックでの治療可能なものから、大きな病院でのMRIなどの精密検査や入院治療が必要なものもあります。

〇当院で診療可能な膠原病
 
  • 乾癬性関節炎
  • リウマチ性多発筋痛症
  • シェーグレン症候群
  • 限局性強皮症
  • CREST症候群
  • 掌蹠膿疱症
  • RS3PE症候群
  • ベーチェット病
  • 〇最初の診断治療は病院に紹介させて頂く可能性のある膠原病
      (病院で治療され、安定された方の治療は可能です。)
  • 血管炎
  • 全身性エリトマトーデス(SLE)
  • 混合性結合組織病(MCTD)
  • 全身型強皮症
  • 皮膚筋炎
  • 多発筋炎
  • IgG4関連症候群
  • 再発性多発軟骨炎
  • 特殊型ベーチェット病
  • 間質性肺炎
  • 精密検査が必要なシェーグレン症候群
  • 〇専門外となるため当院では診療を行っていない疾患
     
  • 線維筋痛症
  • 変形性関節症
  • 受診される際に、ご参考にしていただけますと幸いです。
    受診方法
     

    当院は予約制ではなく順番制になります。

    初診の方もホームページ・自動電話からご自宅でも順番取得ができます、どうぞご利用ください。

    (午前中は込み合いますので、午後をおすすめさせて頂いております。)

    自動順番受付はコチラ
    持ち物
     

    紹介状や、血液検査結果、お薬手帳がございましたらご持参ください。

    保険証は必ずお持ちください。

    問診・診察
     

    今までの経過や現在の症状をお伺いし、それぞれの膠原病の症状について診察させて頂きます。

    乾癬性関節炎…関節の痛み、爪変形、ピンク色の湿疹の状況

    リウマチ性多発筋痛症…肩、首、背中、太ももの痛み

    シェーグレン症候群…目や口の乾燥症状

    限局性強皮症…手指の冷え、レイノー症状の状況  など

    関節エコー検査
     

    関節に症状のある際は、関節エコーで検査ができます。

    気になる関節にポンッとエコーをあてると、炎症の起きている関節には赤い炎が見え、関節が腫れて膨らんでいるのが見えてきます。

    その他にも、爪に炎症が起きていないか、骨の変形が起きていないか、腱鞘炎があるか、軟骨がすり減っているかなども関節エコー検査で分かります。

    「乾癬性関節炎の関節と爪」


    「正常の関節と爪」


    血液検査

    血液検査で、それぞれの膠原病の状況を確認します。

    多くの膠原病の状況が分かるCRP(炎症の数値)や、dsDNA抗体・ANCA・IgG4などそれぞれの膠原病に特殊な検査があります。また肝臓、腎臓、糖尿、肺などにお薬の影響がでていないか、感染症が出てきていないか、他の膠原病が出てきていないかなどを確認いたします。

    お薬

    現在使われているお薬をもとに、症状や関節エコー検査や血液検査結果もみながらお薬をご相談させて頂きます。安定されている方は1か月分処方させて頂きます

    次回の受診(1か月後)

    月1回ご受診頂き、膠原病の状況を診てお薬を調整させて頂きます。

    予約制ではありませんので、お薬が無くなる少し前でご都合が良い日にご受診ください。

    もちろん再診の方もホームページ・自動電話からご自宅で順番取得ができますので、ご利用ください。

    受診されたら

    受付けをされましたら、まず採血室にお呼びし血液検査をさせて頂きます。

    そこで今の膠原病の状態がわかるCRP(炎症反応)の検査、薬の影響で肝機能・腎機能・糖尿・感染症などが起きていないかなどを検査させて頂きます。

    膠原病の状況が分かるCRPは10分弱で結果が分かりますので、CRPの結果が出ましたら診察室にお呼びさせて頂きます。

    診察

    膠原病の状況などを伺い、それぞれの膠原病の症状に合わせた診察させて頂きます。

    当日のCRP検査結果、先月の肝機能・腎機能・糖尿・感染症などの血液検査結果も確認しながら、お薬の調整をご相談させて頂きます。

    「院内血液検査CRP(リウマチの状況が分かります)」

    膠原病内科
      乾癬性関節炎とは   ベーチェット病とは?   SLEとは?

    シェーグレン症候群とは?   掌蹠膿疱症とは
    PAGETOP