皆さんこんにちは、リウマチ医のみっちいです!
今日は、主治医の先生から「そろそろ生物学的製剤の治療を始めてみない?」と言われた時にお役に立つ5つのポイントを説明させて頂きます。
この動画を最後まで見ますと、生物学的製剤がどんなものなのかイメージがついてスッキリ理解できます、主治医の先生ともお話しがしやすくなりますので、ぜひ最後までご覧ください。

 まず大切な5つのポイント 
①生物学的製剤はメッチャよく効きます!
②残念な点 お値段
③飲み薬より安心かも!
④ざっくり3つのグループに分けられます
⑤あなたにお勧めの生物学的製剤を選ぶ
の5つになります。

①生物学的製剤はメッチャよく効きます!
飲み薬で一番効果のあるメトトレキサートと同じかそれ以上の効き目があって、しかも効き目が早いのが生物学的製剤になります。
大体2週間から効果が出てきて、遅くても3か月あれば十分効果が出てきます。
メトトレキサートなどは少ない量から始めて1月づつ増やしていくので効果がしっかりでるのに数か月~半年かかるのに比べると、とても早いです。
僕が始めて生物学的製剤をみたのが、大体今から10年前の研修医の時だったのですが、全身が痛くて動けなくなって入院されてきたリウマチの方が、生物学的製剤を使って翌日には病棟をすたすた歩かれている姿をみて、「凄いな!」と感動したのを今でも覚えています。
しかも、生物学的製剤を使うと8~9割の方に効果がありますので、飲み薬よりも多くの方に確実に効果があります。
まとめますと、飲み薬に比べて効き目が早くて良く効くのが生物学的製剤になります!

②残念な点 お値段
そんなリウマチの特効薬のような生物学的製剤ですが、弱点がお値段になります。
これは、最新のバイオテクノロジーを使ってつくる精密なお薬なので、どうしても沢山の費用がかかってしまうのが原因です。
僕ら医者も、「ぜひ生物学的製剤をぜひ使ってほしいけど、お値段が高くて勧めるのが申し訳ないな」と正直ドキドキしながら生物学的製剤の治療を提案させて頂いています。
ここで一つ朗報があります!
実は、生物学的製剤も発売されて10年以上たったので、バイオシミラーといういわばジェネリック品のようなものがついに登場しました。
現在は、注射のエタネルセプト、点滴のレミケードがバイオシミラーになってお安くなっています。
あと、もうすぐヒュミラという注射もお安いものが登場するので、少しはお値段の面でも改善されると期待をしています!
まとめますと、生物学的製剤がバイオテクノロジーを使ったお薬なので数万円高いものがネックですが、お安い生物学的製剤も登場しているので、お安い注射もありますか?と先生に聞いてみるのもおすすめです。

③飲み薬より安心かも!
よく言われることが、「そんなにリウマチに効くのなら、強い薬で副作用が多いんじゃないの?」っていう点です。
これに関しては、「副作用はあるけど今使っている飲み薬と同じか、少ないのでそんなに心配しないでください」というのがお答えになります。
生物学的製剤の注意点をまとめると大きく3つ、
1つ目は感染症、
2つ目は間質性肺炎、
3つ目はアレルギー 
になりますが、このどれも飲み薬と同じになります。
むしろ、メトトレキサートのような吐き気た脱毛、腎臓への負担などありません。なので副作用の種類としてはむしろ飲み薬より少なくなります。
なかには妊娠中も使える生物学的製剤もあるくらいで、実際、妊娠中も生物学的製剤を使って治療を続け、元気な赤ちゃんを出産され、外来に連れて来てきてくれる方も何人もいます。
そんな時、本当にリウマチの医者になって良かったなと思う嬉しい瞬間になります。
まとめますと、生物学的製剤の気を付ける点はあるけど、今使っている飲み薬と同じかそれより少ない位なので、そこまで心配しないで大丈夫ですよというのが結論になります。

④ざっくり3つのグループに分けられます
生物学的製剤はリウマチを起こしている仕組みのどこを狙って治療するかによって、大きく3つのグループに分けられます。
 まず1つめ、TNFグループです 
5種類と薬の数も多く歴史もある
ここのグループの特徴は、
1、生物学的製剤の中でも特に効き目が早い 
痛くて動けなくなって入院された方が注射をして1日で良くなった退院されたという僕の経験も、まさにこのTNFタイプの生物学的製剤になります。
2、妊娠中も使えるエタネルセプト、シムジアがある 
3、安い生物学的製剤があるのもこのグループ
いまはエタネルセプトBS、もうすぐヒュミラの安いものがでます
4、メトトレキサートが無いと、どれも効果が弱くなる
メトトレキサートが使える方により良い 

 2つ目が、IL6グループです 
Iここにはコロナで有名になった、アクテムラ、ケブザラという2種類があります。
ここのグループの特徴は、
1、MTXと一緒に使わなくても、しっかり効果を発揮する
2、他のグループに比べてお値段が安め
3、効果は1-3か月 TNFグループに比べるとややゆっくり
4、憩室炎というお腹の病気に注意
メトトレキサートが使えない方や、若い方には値段が安くていいのかな

 3つ目が、T細胞グループです 
ちょっと寂しいのですが、オレンシアという1種類だけになります。
ここのグループの特徴は、
1、感染症の頻度が他のグループに比べて低め 結核など、安全性が高いイメージ
2、MTXと一緒に使わなくても、しっかり効果を発揮する
3、効果は1-3か月 TNFグループに比べるとややゆっくり
MTXなどが使えない、ご高齢の方でゆっくり安全にリウマチを治療していくのにいいのかな

⑤あなたにお勧めの生物学的製剤を選ぶ
 「ぶっちゃけどれがお勧め?」 
これは難しい質問ですが、「どれも長所短所があるので、その人の状況に一番合ったものを使う」というのが答えになるかと思います。
具体的な例でお話しさせて頂くと、
・即効性重視なら、TNFグループ
・これからご結婚をされるような若い方は妊娠も考えて 妊娠中も使えるTNFグループのなかでもエタネルセプトやシムジア
・お値段の面 安くなったエタネルセプトBS、IL6グループ
・安全性重視、ご高齢 T細胞グループ
・リウマチが非常に強くで2倍量使える TNFグループのシンポニー、レミケード、シムジア IL6グループのアクテムラ 
というのが、お勧めポイントになります。

まとめ
主治医の先生から「そろそろ生物学的製剤の治療を始めてみない?」と言われた時に、大切な5つのポイントをお伝えさせて頂きました
①生物学的製剤はメッチャよく効きます! 注射の翌日に元気に退院された方
②残念な点 お値段 バイオシミラーという安い生物学的製剤
③飲み薬より安心かも! 副作用の種類が飲み薬より実は少ない
④ざっくり3つのグループに分けられます 即効性のTNF メトトレキサートがなしのIL6 安全性のT細胞
⑤あなたにお勧めの生物学的製剤を選ぶ? 即効性、妊娠、お値段、安全性、倍量
の5つを紹介させて頂きました。

生物学的製剤と言われても難しくて、先生に質問すらしにくいというのがあるかもしれませんが、この動画を繰り返し見て頂いて、生物学的製剤のイメージをつかんで頂けると嬉しいです。
ぜひ主治医の先生とご相談しながら、自分にぴったりの生物学的製剤が見つかって、皆さんのリウマチが良くなると良いなと思います。

今日も最後まで見て頂いてありがとうございました。
これからもリウマチの皆さまのお役に立つ情報を分かりやすくお伝えさせて頂ければと思います。
「良いね!」「チャンネル登録」をしていただけると嬉しくなって動画のモチベーションがあがりますので、よろしくお願いします
またコメントに質問をいただければ、どんどんお答えしていこうと思いますので、ぜひコメントもお願いします。