当院で良く使う生物学的製剤の種類

Biological Preparation

生物学的製剤

「リウマチに最近いい薬が出来たんだって?」「生物学的製剤っていう特効薬ができたんでしょ?」そうなんです、皆さんお聞きになったことがあるかもしれませんが、リウマチの治療薬はここ10年で目覚ましく進歩しました。今まで良い薬が無くて痛み・変形に困っていたリウマチの方も治療できるようになったのです。これは本当に嬉しい事です!

生物学的製剤(リウマチ治療の特効薬)

関節リウマチを良くするために作られた、まさに「リウマチの特効薬」になります。リウマチにとても良く効きますので、新しい薬の研究も進み現在では7種類になりました。7種類の中には、関節リウマチの原因物質(TNF、IL6)を抑えるタイプ、原因細胞(Tリンパ球)を抑えるタイプなどあります。「注射を始めて痛みがうそのようになくなりました」「最初は注射が怖かったけど、やってみると簡単ですね」飲み薬に比べて効き目が早いのも生物学的製剤の特徴です。早い方では注射を始めて1-2週間で効果が出てきます。

そんなリウマチの特効薬、生物学的製剤の治療がおすすめな方はどんな方でしょうか?

  • メトレートなどの飲み薬で半年治療したがリウマチが良くならない
  • リウマチの痛み・腫れが強く1日でも早く良くしたい
  • メトレートなどの飲み薬が合わない
  • 妊娠を考えている
  • 75才を超えてメトレートを使っている、腎臓が良くない、飲み薬が沢山ある
メトレートなどの飲み薬で半年治療したがリウマチが良くならない

メトレートは飲み薬の中で1番効果があり、飲み薬のエースです。ただメトレートだけでは完全にリウマチが良くならない方も半数程度いらっしゃいます。 日本人では週5-6錠でメトレートの効果は頭打ちになり、それ以上増やしても効果はあまりありません。またメトレートの効果は遅くても2か月で出てきますので、「週5-6錠のメトレートを遅くても半年続けてリウマチが良くならなければ、そこが生物学的製剤の治療を考える一つのタイミング」になります。

リウマチの痛み・腫れが強く1日でも早く良くしたい

リウマチが見つかってまずはメトレートなどの飲み薬から初めて、少しずつ増やしていく治療は数か月かけてリウマチを少しずつ治していくのでお時間がかかります。「リウマチの痛み・腫れがひどく1日も早く良くしたい」「早く良くなって仕事や家事に影響がでないようにしたい」という方、「関節エコー検査で関節の炎症が非常に強く飲み薬だけでは治療が難しい」と思われる方には、最初から生物学的製剤と飲み薬の治療をご相談させて頂いております。生物学的製剤は早い方ですと最初の1-2回の注射で効果がでてきます。また生物学的製剤で早くリウマチを良くできると、後々にお薬を減らせる方が多いです。

メトレートなどの飲み薬が合わない

「メトレートを飲むと、倦怠感と気持ち悪さがでてしまいます」「リウマチは痛いですが、口内炎が出来てしまうのでメトレートを増やせません」こんなお悩みも良くお聞きします。関節が痛くなくなっても、倦怠感と気持ち悪さが出てしまうのは辛いですよね。メトレートを減らすことと、吐き気止めや胃薬をメトレートと一緒に使っていただくことで倦怠感や吐き気は良くなることが多いです。しかしそれでも倦怠感や吐き気が治らずメトレートが全く使えない場合、またはメトレートを減らすとリウマチの痛みが出てきてしまう時には、生物学的製剤の出番です。生物学的製剤はインフルエンザ予防接種のような皮下注射のお薬ですので、飲み薬のように口から飲んで胃や腸で吸収されるわけではありません。ですので、飲み薬で出てくることがある倦怠感、気持ち悪さ、口内炎など出てこないので、飲み薬が合わない方でも大丈夫ですよ。

妊娠を考えている

「リウマチのお薬を飲んでいるので妊娠はあきらめました」「妊娠を考えているのでリウマチが痛むけど薬はちょっと・・・」こんな悩みも良くお聞きします。じつは、妊娠を考えているリウマチの方こそ、しっかりとした生物学的製剤での治療が必要です。リウマチだからと妊娠はあきらめなくて大丈夫です!確かに、メトレートをはじめとしたリウマチの飲み薬の多くが妊娠・授乳中には使えません。そのため昔は妊娠中のリウマチの方のお薬はプレドニン、アザルフィジン、カロナールしかありませんでした。しかし、生物学的製剤のエンブレルとシムジアというお薬は胎盤を通過しないので、お腹の中の赤ちゃんにはお薬が影響しないので安心して使う事が出来ます。妊娠を考えられている方はお若い女性が多く、これから何十年と未来の生活があることを考えると、ちょっとした関節変形でも長年積み重なると大きな変形となり、日常生活に影響してしまいます。ですので、妊娠を考えているからとリウマチの痛みを我慢せずに、エンブレルやシムジアなどの生物学的製剤でしっかり治療することが大切です。

また、リウマチが良くなると妊娠しやすくなるってご存知でしょうか?リウマチが良くなると胎盤の血行状態が良くなって妊娠しやすくなるようです。実際不妊治療をきっかけでリウマチが見つかり、リウマチが良くなってから妊娠・出産された方も多くいらっしやいます。当院でもエンブレルやシムジアでリウマチを治療しながら妊娠・出産された方も多く、元気に生まれた赤ちゃんを見せて頂いたときは本当に嬉しく、リウマチ医になって良かったなと思う瞬間です。

75才を超えてメトレートを使っている、腎臓が良くない、飲み薬が多い

「もう歳だからね、リウマチの痛みは仕方ないよ」「腎臓が悪くて、痛み止めも飲めないんです」「血圧や糖尿の薬もあって、飲み薬が多くって・・・」こんなお悩みをお持ちの方にも、生物学的製剤はおすすめです。メトレートなどの飲み薬は、口から飲んで胃や腸で吸収、肝臓で分解、腎臓で排出を行います。しかし歳を重ねるとどうしても胃腸、肝臓、腎臓が若い頃よりも弱ってきます。そのため、ちょっと風邪をひいたり、胃腸を壊したり、夏場に脱水になったりすると体の中で飲み薬の濃度が上がってしまい胃腸、肝臓、腎臓に副作用がでやすくなります。また血圧や糖尿病など他の飲み薬を沢山のまれていると、リウマチのお薬と飲み合わせが悪かったり、飲み間違いなどが出てくるかもしれません。その点、生物学的製剤は注射で直接体に入り、もともとがたんぱく質からできているので胃腸、肝臓、腎臓に影響しません。また注射ですので他の飲み薬との飲み合わせも全く気にしなくて大丈夫です。実際に5-6種類のリウマチのお薬を飲まれている方が、2週間に1回だけの生物学的製剤の注射だけで飲み薬をなくすことも可能です。

※治療前 赤いリウマチの炎が沢山あります

※生物学的製剤での治療後 リウマチの炎が消え、腫れもなくなっています

飲み薬と違って、「胃腸・肝臓・腎臓・お薬の飲み合わせ」など気にしなくて良い生物学的製剤ですが、注意する点は感染症になります。これはリウマチの悪い免疫細胞を大人しくさせるので、良い免疫細胞も少し大人しくなってしまう事が原因です。ただ、この感染症は飲み薬にも起きる弱点なので、生物学的製剤だけに起きるわけではありません。他には間質性肺炎というリウマチで起きる特殊な肺炎が治療後に起きることがありますが、これは飲み薬の治療でも起きることがあるので変わりません。もともとのリウマチの体質が原因なのかと思われます。そんな感染症出来る限り予防したい、またもし感染症になっても早期に発見して治療するために、当院では感染症予防対策・早期発見に力をいれております。

当院のとっておき5つの感染症予防対策

感染症予防に関しては私がリウマチ医になって以来一番重要視し、試行錯誤を繰り返してきました。そんなとっておきの方法を5つご紹介いたします。

1バクタ少量予防内服

ニューモシスチス肺炎というカビの肺炎を予防する薬です。普通の肺炎は「高熱が出て、咳や痰が沢山でてこれは肺炎かな?」と気が付きます。 しかし、このニューモシスチス肺炎の怖いところは「なんとなく食欲がない・倦怠感がある」「息切れがするな」程度の症状しかなく、気が付いたら大きな肺炎になっていることです。そのためニューモシスチス肺炎を起こさない予防が何より大切です。当院ではリウマチ治療をされている皆さんにバクタを週2回だけ使って頂き、ニューモシスチス肺炎を予防しております。

2血液検査で感染症・副作用の早期発見

CRP
体の中の炎症をみる検査です。リウマチで関節が痛くなるともちろん高くなります。しかしリウマチの具合だけでなく、感染症をおこしてCRPは高くなります。リウマチの痛みや腫れが全然ないのに、CRPが高い時は感染症になっている可能性があり治療が必要です。
βDグルカン
カビの検査です。ニューモシスチス肺炎やカビの蓄膿症など体の中でカビが増えると数値が上がります。
KL-6
間質性肺炎(リウマチの特殊な肺炎)の検査です。新しく間質性肺炎が出てきたり、もともと間質性肺炎のある方の肺が悪くなると数値が上がります。
T-spot
結核の検査です。レントゲンでは分からないような結核が肺に冬眠していないか検査します。また肺以外の体に結核が隠れていないかもチェックできます。
肝炎ウイルス
B型、C型などの肝炎ウイルスが体に隠れていないかの検査になります。リウマチの治療を始める前、また治療後も定期的に検査し、肝炎ウイルスが増えていないかしっかり確認します。

3結核薬の予防内服

結核が冬眠している可能性のある方に、生物学的製剤投与前3週間~投与後10カ月内服して頂きます。これで恐い結核を除菌し、結核は冬眠から目が覚め悪さをするのを予防します。

4抗生剤の少量予防内服

リウマチの方は気管支拡張症や慢性気管支炎といって肺に細菌が住み着いてしまうことがあります。肺の中に住み着いている細菌が増えて悪さをすると肺炎を引き起こします。肺炎を起こしていないか定期的にレントゲンなどで検査します。またどうしても肺炎を繰り返してしまうかたには、通常の半分量の抗生剤を使い肺炎を起こすのを予防しております。

5生物学性製剤導入前の胸部CT検査

当院ではCT搭載車を定期的にクリニック敷地内に準備しております。<CT搭載車>
レントゲンでは見つからないような小さな肺の感染症もみつけ、安全な治療を目指しております。

生物学的製剤を始められる皆さんに

生物学的製剤での治療でご質問頂く内容をまとめてみました。

※クリックすると展開します。

生物学的製剤ってそんなに良く効くのですか?

関節リウマチの原因として、悪さをしている物質・細胞がここ10年で分かりました。
その悪さをしている物質・細胞をやっつけるために作られたのが生物学的製剤になります。まさにリウマチの為に作られた特効薬になります。効き目も早く、飲み薬が1-2か月かかるのに比べ、生物学的製剤は1-2週間で効果が出てきますよ。

自分で注射ってできるかしら?

お腹や太ももなどの脂肪に細い注射をします。
リウマチの強さによって注射の頻度は変わりますが、1週間に1回~2週間に1回で治療を始めます。毎日何回も注射するインスリンに比べるとずっと回数が少ないので安心してくださいね。

注射の副作用はどうですか?

お薬のパンフレットを見ると副作用の項目が沢山あって心配になってしまうお気持ち良く分かります。しかし、実際には飲み薬よりも副作用の種類が少ないってことを知っていますか?

生物学的製剤で注意するのは大きく3つです。

感染症・・・

よく聞かれるのですが風邪の引きやすさは変わりませんので安心ください。特殊なカビの肺炎や、風邪をこじらせて肺炎などの可能性はありますが、いずれもバクタ予防薬や下記ご自宅でできるの感染症対策であらかじめ予防を目指せます。

注射した場所の腫れ・・・

インフルエンザワクチンを思い出してもらうと良いかと思いますが、たまに注射した部分が赤くなることがあります。心配せず次回は場所を変えて注射してみてください、それでも赤くなってしまうようでしたら塗り薬などありますので教えてくださいね。

間質性肺炎・・・

リウマチが良くなると、関節で悪さをしていたリウマチの細胞が肺で悪さをすることがあります。薬の副作用というよりはもともとの体質が原因と思われます。頻度はごく稀です、注射を始めて2-3か月過ぎるとまず起きないので最初だけ注意が必要ですが、注射に慣れたころにはまず見られなくなります。

生物学的製剤はずっと使わないとダメなのですか?

残念ながら、風邪や胃腸炎と違い、高血圧や糖尿病と同じように体質の病気になるので注射をやめることは難しいです。しかし生物学的製剤でリウマチがよくなっていけば、注射の回数を減らしていける可能性があります。
毎週だった注射が2週おき、3週おきと減っていき、最終的には月1回を目指して注射を減らすチャレンジをしてみましょう♪
お薬が減ると嬉しいですよね、当院では薬を減らすことにも積極的に取り組んでおりますので遠慮なくご相談くださいね。

日常生活で気をつけることはありますか?

あまり心配せず、いままでと同じ生活で大丈夫です。お仕事、趣味などもやめることなく、リウマチが良くなってきたらぜひ今まで通り続けてください。 ただ一つ、感染症対策だけみなさんにお願いしております。

~ご自宅でできる感染症対策~

  • 帰宅時のうがい・手洗い
  • 冬場のマスク
  • 毎日の歯磨き
  • 毎日のお風呂

(どれも特別なことではないですよね?これだけよろしくお願いいたします!)

風邪をひいたらどうしたらよいですか?

風邪は皆さんどうしてもひかれてしまうかと思います。症状が軽ければ市販の風邪薬でも大丈夫ですし、当院にもいつでも受診ください。
ただ大変有難いことに遠方より通院していただいている方も当院にはたくさんいらっしゃいます。風邪で体調が悪いときに移動が大変でしたら、お近くの内科クリニックさんにご相談していただいても大丈夫です。風邪薬とリウマチ薬の飲み合わせは問題ありませんので、通常通りの風邪薬を処方していただいて大丈夫ですのでお伝えください

「生物学的製剤が必要なのは分かったけど、お薬の値段がね・・・」「今は良いけどこの先ずっと生物学的製剤を使用するのは経済的に心配」確かに生物学的製剤はとても良い薬である分、お値段が高いお薬になります。そんな皆さんの声をお聞きし、「お薬代の為に生物学的製剤が使えない方の力になりたい」「将来にわたり安心して治療を継続して頂きたい」と思うようになりました。そこで私なりに考えた方法が、「半分でも十分作戦」「お薬減量作戦」の2つです。

「半分でも十分作戦」

当院では多くの方に「通常の半分量」の生物製剤で治療開始させていただいております。
「えっ、半分の量でリウマチが良くなるんですか?」とお思いの方もいらっしゃると思います。安心してください、半分の量でもかなりの方のリウマチが良くなるんですね♪
実は生物学的製剤は海外で開発されたお薬ですので、欧米の方の体格を元に量も決まっています。欧米の方の平均体重は75㎏、一方で日本人ではどうでしょうか?小柄な女性の方などは40㎏前後の方もいらっしゃいますよね。体重が半分ならお薬も半分で十分です。お薬の量が半分なら金額も半分、感染症リスクも減りますのでお勧めですよ。

通常量オレンシア 毎週1本4万円/月(3割負担)
☆当院の半分作戦オレンシア 2週おき1本2万円/月(3割負担)
②「お薬減量作戦」

また、当院では生物学的製剤でリウマチが良くなったら積極的にお薬を減らすチャレンジをしております。生物学的製剤でしっかり治療するとリウマチの勢いが弱まるので、そうなるとお薬を減らせるチャンスなんですね。お薬が減ると、経済的な心配も減りますし、副作用の心配も減ります、ぜひ御相談ください。多くの方はリウマチが良い状態が3カ月程度続くと、お薬を減らせるチャンスです。例えば毎週であった注射が、2週間に1回、さらに3週間に1回とリウマチが悪くならないことを確認しながら慎重にお薬を減らしていきます。4週に1回(月1回)まで減らせると良いですよね。

☆当院のお薬減量作戦 エンブレル50㎎ 毎週1本 4万円/月(3割負担)
⇒⇒月に1本 1万円/月(3割負担)

当院で良く使う生物学的製剤の種類

オレンシア

オレンシアT細胞という免疫細胞を抑えます

「優しい生物学的製剤」という印象です。感染症のリスクが低く、またメトレートなどの飲み薬がなくても効果を発揮します。針も細く、お薬もしみないので注射の痛みが少ないのも嬉しいお薬です。当院では最初に使う事が多いです。

エンブレル

TNFという免疫物質をおさえます、妊娠/授乳も大丈夫ですエンブレル

「早くて安全な生物学的製剤」という印象です。妊娠・授乳中も使える安全性の高いお薬です。さらに効き目も早いので、当院では痛みが強く、炎症の数値(CRP)が高い方には最初に使います。またオレンシアが効かなかった方の、2番手の薬剤としても重宝しております。

シムジア

TNFという免疫物質をおさえます、妊娠/授乳も大丈夫ですシムジア

「効き目の早さNo1の生物学的製剤」という印象です。他の薬剤と大きく異なる点が、最初の3回は2本ずつ(通常の2倍量)を投与することです。そのため最初にガツンとリウマチを良くする非常に効き目の早い薬剤です。当院ではリウマチが非常に強い方にお勧めしております。またエンブレルと同様に、オレンシアが効かなかった方の、2番手の薬剤としても重宝しております。

ヒュミラ

TNFという免疫物質をおさえますヒュミラ

飲み薬のメトトレキサートと相性の良いお薬です。リウマチ以外にも、乾癬性関節炎、ベーチェット病、クローン病などにも使用できます。特に乾癬性関節炎では関節痛も良くなりますし、皮膚の症状もよくなり喜んで頂けることが多いです。

アクテムラ

IL-6 という免疫物質をおさえますアクテムラ

他の生物学的製剤とは別の効き方をするので、他の薬であまり効果がなかった方にも、リウマチが良くなることが期待できます。また薬代が他の注射の半分程度なのも嬉しいですね。

シンポニー

TNFという免疫物質をおさえますシンポニー

4週毎に病院で投与する皮下注射薬です。1回2本の2倍量投与も可能です。

PAGETOP