院長紹介

Introduction

院長紹介

佐藤理仁

皆さんこんにちは、佐藤理仁(みちひと)と申します。私は大好きだった祖父の関節リウマチを治したいと医師になりました。皆さんは、関節リウマチの診断・治療がここ10年でとっても進歩したのをご存知でしょうか?

レントゲンでは分からない早期のリウマチもみつけられる最新の検査である「関節エコー」と、リウマチの特効薬である「生物学的製剤の治療」の登場、この2つによってリウマチの診断・治療はとても良くなりました。私が医師になったのはちょうどこの10年前であり、「関節エコー」と「生物学的製剤」の2つをたくさん学ばせて頂きました。2016年9月にさとう埼玉リウマチクリニック(さとう内科ファミリークリニック)を開院させて頂いてからも、「関節エコーでの早期診断」と「生物学的製剤での早期治療」に力をいれております。現在、戸田市・蕨市・武蔵浦和・さいたま市・川口市などの埼玉県内、赤羽・板橋・練馬など東京都からも多くの方にお越し頂いております。

また病院で働いていたころ、肺炎などの感染症で入院されるリウマチの方が多いのをみて大変心を痛めておりました。感染症などでの入院される方を限りなくゼロにしたいと強く思い、定期的な血液検査での感染症・副作用の早期発見、カビ肺炎予防のバクタ予防内服、治療開始前のCT検査を含めた感染症チェックをおこなっております。

「原因不明と言われていた関節痛の原因が分かって安心しました」「生物学的製剤を始めて痛みがなくなったよ」など皆さん笑顔を見ることが何より嬉しく、毎日診療させて頂いております。

日々の診療の中で、関節リウマチの痛みだけでなく将来の不安を皆さん少なからず抱えていらっしゃると感じていました。私の祖父もそうでした。そんな皆さんの不安や疑問に笑顔でお答えし、少しでも不安と疑問が無くなり、皆さんに笑顔になって頂きたいなと思っております。「笑顔の診察室」そんなリウマチ診療を目指して頑張ります。「リウマチが心配な方」「関節エコー検査を一度も受けたことがない方」「将来変形が起きないか心配な方」、皆さんどうぞご相談くださいね。

院長略歴

経歴
昭和大学医学部卒業
昭和大学院医学部卒業
昭和大学リウマチ膠原病内科
日本赤十字社医療センター アレルギー・リウマチ科
埼玉メディカルセンター 膠原病内科
さとう埼玉リウマチクリニック
資格
日本リウマチ学会 専門医
リウマチ財団登録医
リウマチ友の会 特別会員
温泉ソムリエ協会認定温泉ソムリエ

堀越正信先生より推薦文

佐藤先生は関節エコーでのリウマチの早期診断・治療にこだわったリウマチ専門クリニックをされている先生です。
リウマチ患者さんに最適の環境を提供する事に挑戦をされている「さとう埼玉リウマチクリニック」は現在急成長を遂げています。
また「日本中のリウマチの方に笑顔と安心を届けたい」という大きな夢を掲げた佐藤先生のもとには、志の高い多くの若手リウマチ医師の皆さんが学びたいと集まっております。
更にYong RAドクター講座も主催され、若手リウマチの勉強やコミュニティー作りにも尽力されております。
リウマチ医療に情熱をもった若手ドクターはぜひ佐藤先生に教えを請うことを強く勧めます。

堀越先生


埼玉県のリウマチ・膠原病治療を支える第一人者、さいたま赤十字病院の膠原病・リウマチ内科部長。
地域のリウマチ医師のとっての頼れるリーダー的な存在であるとともに、リウマチ・膠原病診療に集中し学べる環境を整えられております。

http://www.saitama-med.jrc.or.jp/department/01_7kougenbyou/index.html

小暮裕之先生からの推薦文


佐藤先生は高い人格性を持った医師であり、経営者です。
謙虚で親切、素直さを兼ね備えながら、実行力に溢れ、常に未来を見据えた挑戦をされている「さとう埼玉リウマチクリニック」は現在急成長を遂げています。
そして、その活躍はテレビ、医療経営専門の雑誌、学会誌、web媒体などのメディアでも取り上げられることが増えてきているのが、何よりもの証拠だと思います。
「リウマチ医療に情熱を持つ仲間とともに、日本中のリウマチの方に笑顔と安心をお届けしたい」このミッション・理念を中心に据えながら、佐藤先生のもとに集まる素晴らしい仲間達みんなが、さとう埼玉リウマチクリニックを応援しており、今後も急スピードで成長を遂げると確信しています。
そして、 医療経営大学の中でも指導的立場としての行動をされており、学んだことを現実に落とし込んで結果を出すスピードは飛び抜けています。 既に、常勤医師も自然に集まってくる状態を築かれ、分院展開に入り、カーブス、ネイリスト、温泉ソムリエ、シューズメーカーなど他業種との積極的なジョインとベンチャーを推進する佐藤先生のクリニックは、若手ドクターが学ぶには十分すぎるくらいの環境が整っていると言えます。
更に佐藤先生が立ち上げたYong RAドクター講座は日本初のリウマチ専門医グループであり、開業を志す若手ドクターはぜひ佐藤先生に教えを請うことを強く勧めます。

小暮先生

東京湾岸地域で、有明院・豊洲院・勝どき院・田町芝浦院の4院合わせて、年間12万人の方を診療する有明こどもクリニック理事長。
また、2019年より医療経営大学を開校。小暮先生の卓越した経営者としての才能、優れた人格を慕って、多くの医師が集まり学んでいます。

院長の関節エコー物語

monogatari_01
PAGETOP