来週2月15日、ついに「ヒュミラ」のジェネリック品である「アダリムマブBS」が発売されます。ヒュミラは、「リウマチ」はもちろん、「尋常性乾癬」、「乾癬性関節炎」、「脊椎関節炎」「クローン病」「潰瘍性大腸炎」など免疫が関係する多くの病気で使われていて、しかもとっても効き目のよいお薬になります。そんなヒュミラのバイオシミラー「アダリムマブBS」の登場は、多くの方に朗報かもしれません。

「アダリムマブBS」はヒュミラよりお安い!

「アダリムマブBS」の魅力はなんといっても、ヒュミラよりお値段が安い事。
ヒュミラのお値段の6割ちょっとになっています。

「アダリムマブBS」はヒュミラよりお安い!


現在ヒュミラで治療されているリウマチや乾癬性関節炎の方がアダリムマブBSに切り替えると、ざっくり月にお薬代が1万3千円以上も安くなります。これはとても嬉しいですよね。
また、本当はヒュミラを使ったほうがいいけど、お値段の関係で今までヒュミラの治療を躊躇されていた方にも、アダリムマブBSなら使ってみようと、より多くの方が治療を受けられる可能性があります。
正直、僕ら医師も「ヒュミラはリウマチや乾癬にとっても良く効く薬なのは分かっているけど、お値段が高くて患者さんに申し訳ないな」と思いながら治療をさせて頂いていたところがあります。なので患者さんのご負担が少なくなる、アダリムマブBSの登場は本当に嬉しいです。
さらに、皆さんお聞きの通り、日本の医療費は年々膨らんでいき、その多くがお薬代に使われています。そのため、お値段の安いバイオシミラーを使う事は、日本の医療費を削減する事にも繋がり、社会的にも良い事になります。


「アダリムマブBS」の効果はヒュミラと同じ!

「お値段が安い分、効果はどうなの?」とお思いの方、ご安心ください。
アダリムマブBSはヒュミラと全く同じ効果が期待できるお薬なのです。

ちょっと話はそれますが、皆さんが良く耳にする「ジェネリック薬品」と、今回の「アダリムマブBS」も含まれる「バイオシミラー薬品」というのは何か違うのでしょうか?
ジェネリック薬品は化学反応を使って作るお薬で、元のお薬と全く同じ有効成分が同じ量入っている物になります。
しかし、「アダリムマブBS」のようなバイオ製剤と呼ばれているものは、人や動物の細胞など生き物を使って作られるデリケートなお薬なので、全く同じものではありません。その分、バイオシミラー薬品は有効性や副作用などの沢山の検査をされて、その沢山のチェックに見事合格したお薬になります。なので、元のお薬と効き目が同じであることが示されています。
ざっくりいうと、ヒュミラと見分けがつかないほどのそっくりさんで、ヒュミラと同じ効き目などがあるものが、「アダリムマブBS」なんですね。

「アダリムマブBS」を使ってみたいリウマチ・乾癬性関節炎の皆さま

「現在ヒュミラで治療しているけど、できればアダリムマブBSに切り替えてお薬代を減らしたいな」
「ヒュミラは値段もあって使えなかったけど、アダリムマブBSで治療をしてみたい!」
とお思いの「リウマチ」と「乾癬性関節炎」の方、ぜひお気軽にお問合せくださいね。